FX業者の手数料スプレッドについて

FX業者の手数料スプレッド

FX業者の利益になるスプレッド

FX(外国為替証拠金取引)に置いて、ポジションを持つ為に買ったり、売ったりしますが、値段が二人通りあるのが、ご存知だと思います。

 

ドル円を例にしますと買値が80.0円の時に売値が80.5円の時があります。

 

この、価格0.5円の価格の差がスプレッドです。

 

こちらのスプレッドは、各証券会社FX会社の手数料になっているようです。

 

最近では、ポジション決済手数料とかは、殆ど取らなくなって、無料にしているようですし、スプレッドも取引の多い通貨などは、かなり狭まくなってきているので、必要最低限と言うことでしょうか、競争率の激しい、各証券会社やFX会社は、かなり努力をしているようですね。

 

このスプレッド値ですが、各証券会社やFX会社によってかなり変わって来るようです。

 

証券会社やFX会社を選ぶ場合は、値幅は勿論の事、このスプレッドの動きが、良心的な証券会社やFX会社を選びましょう。

 

何故かといいますと、ドル円など重要な経済指標の発表があった時などは、スプレッドが荒れて数円も差が開く証券会社やFX会社があるそうです。

 

そういう場合は、損切りを数円単位にして置いた場合、経済指標発表の一瞬に勝手に損切りされてしまい、損をする事があるので、注意が必要です。

 

良心的な証券会社やFX会社は、スプレッドが経済指標の時などは、値幅が落ち付くまであまり動かなくしてくれる、証券会社やFX会社を選びましょう。必ず長い目で見るとかなり得になって来ると思います。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ